011【Beauty-TIP】(Special) あなたの“キレイ”は?<2012.6.20更新記事>

ネイルプランナー(R)・美容家 林由美さんネイルプランナー(R)・美容家 林由美さん
Beauty & Fashion1

女性ならいつでも“キレイ”を求め、またキレイになる方法も様々に増えてきた。その一つにネイルケア。意識の高い女性には当たり前の習慣になってきた。今回は、表参道にサロンを構え、ネイルプランナー®としてメディアなどでも活躍する林由美さんをフューチャー。ネイル業界のいまや、彼女自身の“キレイ”について伺った。
 yumihayashiNaka
林由美さんは、表参道や津田沼にネイルスクール&ネイルサロン「MYURA(ミューラ)」を経営し、アーティストやモデルなどの専属も努める有名ネイリスト。また、日本ネイリスト協会本部認定講師として試験官やコンテストの審査員を行うなど、業界の発展や後世の教育に貢献している。実は、今ふつうに使用している「ハードジェル」や「ソフトジェル」という言葉を生み出したのも彼女。また最近では、洋服のプロデュースや化粧品開発など、活動の幅を広げている。生み出すことを理念とする彼女は、ブログで様々な活動の模様を綴り、大変注目されている。(アメブロ「全国有名ネイリストランキング」7年連続1位★)
ネイリストとして13年活躍し続ける林さんは、アーティストとしてだけではなく、プロの目線で業界を探索している。今やネイルケアは当たり前になってきた時代。林さんから見た、ネイル業界のいまをお聞きした。

IMG 1919

「ネイルケアが身近になりサロンも増え、飽和してきましたね。それにお客様が求めるものも時代によって随分変わってきました。安さや手軽さと、デザイン性や技術(丁寧さ・長持ちするなど)を見る人と、二極化しているように思います。時代のニーズに合わせて、コンセプトを考えたり、経営方針を変えていく必要があると思います。」と林さん。サロン選びには、それぞれが何をコンセプトとしているか、自分に合ったところをチョイスすると良いそうだ。
おもしろいことに、この二極化のボーダーラインが28歳だという。28歳まではお金の管理や、やりくりもしっかりできている堅実な世代で、決めてきた予算の範囲内での施術やデザインを好む。30代になると、費用よりも質を求める。世の中の状況をタイムリーに見て、先を読むことも重要だそうだ。
またネイリストとして良かったことは、ただ施術して技術を提供するだけでなく、サロンにくる美意識が高い人たちとの時間を共有することで、刺激も生まれるという。コミュニケーションの中で、また女性として自分自身がいる今の環境(結婚・出産など)を通じて、時代にあった供給を考えているそうだ。例えば、子連れOKの時間帯を作ること。またそれに合ったようなビジネスモデルも考えるなど、ネイルサロンの技術やデザイン性向上以外の観点から、時代を見据えている。また、女性が好きなことを仕事にできる時代になってきたいま、オーナーネイリストである林さんは、経営面では難しい場合が多い女性に向け、経営セミナーなども今後予定しているそうだ。
ネイリストとして、経営者として、女性として、追求しつづけている。

ネイルは、ファッションでもビューティーのひとつとしても捉えられる。
林さんは常に自分を客観視して、自分磨きを忘れず、生活リズムや食生活を整えることも怠らない。ある意味、それはストイックかもしれない。けれどそれ以外に、「心のビューティーもとても大事。」と語る林さん。「一瞬のキレイや贅沢は誰でもできる。常にhappyで、輝いていることが本当の美の条件だと思います。」外見だけでなく、内からの(心の)美も忘れずに追求していきたいもの。
最後に、林さんはネイリストとしてだけでなく、発信者としても、輝き続けている。6/30(土)には、林さん主宰のガールズイベントも予定されており、彼女の“キレイ”(輝き)をシェアできる貴重な時間に。また今後も様々なかたちで表現できるように、いま準備中とのこと。今後が見逃せない。


  インフォメーション
◆ネイルサロン&スクールMYURA 表参道店
東京都港区青山3-18-19 4F
03-5775-2288
OPEN: 平日13:00-22:00 土日祝11:00-20:00 (不定休)
◆ネイルサロン&スクールMYURA 津田沼店
千葉県船橋市前原西2-5-4
047-472-1000
OPEN: 平日12:00-21:00 土日祝9:00-18:00 (不定休)
☆両店舗とも「ボーテ・ド・オールを見た」で、なんと初回20%OFF! 

MYURAホームページ(http://www.myura.net/
林由美さんブログページ(http://ameblo.jp/nail-salon-myura/

コメント