010【Beauty-TIP】(Special) 素材の極み <2012.3.3更新記事>

素材の極みだしソムリエ協会代表 Makiさん
Beauty&Food 1



「美は一日にしてならず」 
継続的なスキンケアやエステなどのスペシャルケアを行っても、内側からの美までに気を使い、根本を整えることも大切。 
食の根本である「だし」。専門の方は別として、今まであまり気に留めずに使っていたり、また忙しいとつい便利なもので済ませがち。実は素材に気を遣うことで十分変わってくる。 

最近「だしソムリエ」というのが話題になっている。2010年より、「だしソムリエ協会」では、「だし」の見直しにより食生活を豊かにすることを目的に、商品・店頭プロデュースや企業コラボ、一般・プロ問わず、「だしソムリエ」を養成する検定講座の実施など、様々な活動を行っている。 
だしソムリエ協会代表のMakiさんに伺った。 
「これまで食に関する仕事をほとんどしてこなかった私が、だしに目覚めたのはほんの数年前。かつお節・昆布など和食には欠かせないだしには、香りやうまみ、また満足感も得られます。香りの効果だけで、食欲が増して味わいも深まり、塩分摂取を抑えることができます。また日本食なので油っぽくなく、カロリーも抑えられ、ダイエットにもつながりますよね。」 
乾物文化の日本。「だし」は日本の食を支える肝でもある。「だし」というとついつい日本食ばかりをイメージしてしまうが、西洋の食文化にも様々な「だし」がある。 
「西洋のだしの一例は、野菜やお肉などの素材そのものの味。フレンチのブイヨン、イタリアンのブロードは日本でいうところの「だし」に当たります。スープやソースの素に使われます。あと、かつお節をラタトゥユや酢豚のだしとしても。韓国ではスープのもとに煮干しも使います」とMakiさん。柔軟に発想すれば、食文化に限定することなく、様々な使い方ができる。

 また、天然の素材にこだわることも大切だそうだ。だしに使用する天然の素材は、従来のものよりも栄養価が高く、長期的に摂取することで美肌にもつながるという。
IMG 1915 real
だしソムリエ協会
Makiさん 天然素材にこだわった調味料、だしを使います。
だしソムリエ協会
http://dashi.be/ 

 Makiさんのおすすめは、まず料亭の味が楽しめる『おだし』【写真中央】。天然のかつおの荒削り節やこんぶがティーパックのように小袋に入っており、お茶をいれるように煮出して使います。
P104051000
Makiさんプロデュースのだしパック
すべて、だしソムリエ協会認定。国産、無添加で100%天然だし素材です。 
左から「お味噌汁上手のおだし」(945)、「料亭の味が楽しめるおだし」(1,260円)
「お料理上手のおだし」(945円)。
こちらからも購入できる。
http://sakura-inc.shop-pro.jp/ 

また、めずらしい『フルーツガーリックエキス「黒の極味」』(\1,575/創造工房)【写真左】は、においを気にせず使用でき、料理のアクセントに。『だし屋が作った無添加白だし』(\810/マエカワティスト)【写真右】は、天然素材にこだわるマエカワテイストの白だし。どれも、素材の香りが従来のものより全然違うそうで、料理を引き立ててくれる。Makiさんは、香りを嗅いだだけで、天然かそうでないかわかってしまうというのだから、すごい。
 Makiさんの極意は、便利なものは使わないということ。なるべく添加物がないものを使うのがポリシー。「よい素材を大切にしている料理家さんは、みなさんとても肌がキレイです」とMakiさん。

 香りに敏感で素材にもこだわるMakiさん。取り入れている美容も、まずは香りから入るという。「好きな香りはシトラスなどの柑橘系。あと素材で言えば、最近ではオーガニックコスメに興味があります。」と愛用商品を見せてくれた。
IMG 1911 real
左から、BOTANICAL BODY OIL(ジンジャー)
(BLUE STONE)、TOCCAハンドクリーム(Stella)、
ヒッポファンミルクローション(ヴェレダ)
Makiさん私物 

 「美容オイルは大好きなので、AVEDAのオイルを昔から使っています。あとはオーガニックコスメではないけど、ナチュラル素材のコスメを使っています。」素材やそのものの香りが感じられる商品が多いようだ。それに、ディリーのケアは特に普通のスキンケアのみとのこと!それなのに、透明感のある肌でとてもキレイ。いかにスペシャルケアをしているのかと思いきや、「エステなど(のスペシャルケア)は、旅行先などで楽しみの一つとしてするときもあるけど、日常は本当に簡単なケアだけですよ。それまでは、仕事柄や生活環境などで肌が荒れたこともあったけど、食の勉強を始めて、いろいろこだわり出してからは、まったく悩みがなくなりました。」とMakiさん。素材など一から考えて、根本を見直していくのは重要だろう。

 現代女性は仕事や育児などで忙しく、なかなかここまで考えるのは大変だが、ちょっとの工夫で、長期的に実践することで、美肌だけでなく健康にもつながる。少しずつ取り入れていきたいものだ。食も、美容も、五感を研ぎすまして選んではどうだろうか。


「だしソムリエ協会」 "http://www.dashi.be

◎インフォメーション:だしソムリエ検定 開催!
東京開催予定
  • 6回 だしソムリエ検定 4級 201248日(日曜)
  • 7回 だしソムリエ検定 4級 2012519日(土曜)
初の大阪開催!
  • だしソムリエ検定 4級 2012320日(火曜・祝日)
  

コメント