039【Specialist Column】by長井美有紀『話題沸騰中の「スーパーフード」と ビ ューティーフード。機能性への最新米国トレンドは?』

去年ごろから業界では、「スーパーフード」が大変盛り上がりをみせています。
皆さんの中でも、何点か摂りいれたりしている方もいらっしゃるでしょうか。

以前もこちらで書いたとおり、「スーパーフード」は、明確な定義がありません。
独自調査によれば、海外でも公的認証もないことがわかりました。
欧米で流行っている(むしろ定番になっている)「スーパーフード」は、私が提案する“ビューティーフード”のひとつ、
むしろ、“ビューティーフード=スーパーフード”とも捉えらえています。

体に摂り入れるものは、もちろん単においしいと思うものも良いですが、
バランスを考えながら、美容や健康に良いものを摂り入れるのが皆さんのようなワンランク上の層には必要なことですよね。


座談会などでもお話していますが、ビューティーフードの基準のひとつは、
抗酸化作用や抗炎症作用のあるビタミンやミネラルが多く含まれているか、にあります。
海外専門誌によれば、いま欧米では空前の"抗炎症作用"ブームといっても過言ではありません。
そこで、スーパーフードと言われるものや、日本の機能性食品などが注目されているように思われます。

このほか、アメリカでは、機能性食品のトレンドとして、
健康を高めるシンプルな解決策が挙げられているのが特徴的です。
・植物由来の食生活
・脂肪コントロール
が挙げられます。

ビーガンの食生活は、体の炎症を大いに抑えるという研究結果も出ています。

また、糖質の摂取は、エネルギーになるため人間にとって多少必要なものですが、
健康的な脂肪のコントロールには、アボカドやココナッツオイルが人気なようです。




食生活の見直しには、1日という短いスパンだけでなく、1週間、1ヶ月など、ある一定期間を見ながら行うのをオススメします。






JIJICOという情報サイトで、「スーパーフード」について執筆していますので、
こちらも是非ご覧くださいませ。
「話題のスーパーフードの魅力と注目商品3選」
http://jijico.mbp-japan.com/2016/07/15/articles20716.html





















★ワンランク上の美容情報ポータル&コミュニティーサイト【beaute d'Or】★
http://beaute-d-or.chm.jp/

コメント