046【Specialist Column】by尾﨑冨美 『誰でも簡単にできる!今が旬のサロン用ビデオマーケティング~International Congress of Esthetics and Spaレポート』

先日ロングビーチ・コンベンションセンターにて、The International Congress of Esthetics and Spa2日間に渡り、多くのエステティシャンや美容関係者が集い、賑やかに開催された。運営はスパ業界では世界的に有名なLes Nouvelles Esthetiques & Spa米国版(https://www.lneonline.com/)。同運営会社は西海岸ロングビーチでの開催の他、中西部のダラス、東海岸ではマイアミビーチとフィレダルフィアでも執り行われている。ロングビーチでは今年最後の美容メッセの参加とあり、これから迎えるホリデーシーズンに向けての仕入れと売上計画に余念が無い時期である。


今年のコンベンションのテーマは、Refresh。人を癒し、黙々と日々施術をする中で、いつもの環境から離れ、自分と向き合うリフレッシュな時間を過ごす大切さを学び、更に新たな同業者との出会いに刺激を受ける機会を得た。



そんな中で今回はアメリカのスパ業界では有名なマーケティング会社InSPAration Management (http://insparationmanagement.com/) 代表でコンサルタントのDori Soukup女史によるビデオマーケティングのセミナーに参加。簡潔ではあるが、内容をご紹介しよう。





競合との差別化を図るには、ビデオマーケティングが旬である。グーグルが運営している#1無料動画サイトYOUTUBEでは多数多様な動画がアップされている中、スパ関連の動画は残念ながら少ないのが現状である。SNSや検索エンジンでビジュアルな情報収集が盛んな昨今、自らのサロンではどのようなサービスが得られるのか、又はちょっとしたお手入れ方法や施術に使う商品の紹介などをビジュラルに盛り込んだ簡単な動画をサロン独自で作成し、SNSでアップすることを勧める。
何故、サロン関係者の間ではビデオマーケティングが多く利用されていないのであろうか。「難しそう」、「どこからはじめて良いのか判らない」などの声が多い中、一つアドバイスをすれば、「完璧を求めなくても良い」。動画を作成する方法は様々である。今では基本のURLは各サロンで作成し、その中で新商品紹介、ピーリングを行った使用前・使用後の体験談、サロンでのイベント告知、肌悩み相談、既存のお客様からのクチコミなど、各サロンの個性が発揮できる要素を生の声で伝えれば、見る側も親しみを感じてフォロー数が自然と増えていく。

広々としたスペースがあるサロンでは、撮影できる場所を事前に確保し、お客様の口からフェイシャル後の体験談などを10秒間でカメラの前で伝えられるようにすることも効果的である。
肌悩みtipsなどを動画にする場合は、動画そのものが教育ツールであることを目標とし、正確な情報を価値あるものに仕上げるのが理想とする。
動画を作成するツールは様々であるが、今ではスマートフォンやタブレットなどでも操作が簡単である。完璧な仕上がりを求めなくても良いが、撮影の際には手振れには注意すること。そしてサロン独自のYOUTUBEチャンネルのアカウントを作成。ブランドイメージを確保する為、上手にリンクやタイトル、キーワードを明確にすること。自分にあった無料動画編集ソフトを利用し、BGMをつけたり、誰もが親しみやすい物に仕上げることが可能である。動画の最後には必ず「無料サンプル進呈」や「無料ギフトカード」などの特典と付け加えることにより、動画を観たフォロワーからメールアドレスなどの情報が取れるように仕向けるのが得策である。

サロン用の動画を最適化する為にはキーワード、タグ、タイトル、詳細、リンクなどをオプトイン方式として言及することが重要である。動画を無料でアップした後、顧客用へはメルマガを通じて告知することをはじめ、FacebookTwitterInstagram SnapChatなどへ広めることが理想。更には登録者の平均年収が700万円以上と言われているLinkedInにも告知することを逃してはならない。

ビジュアルな情報源が溢れている中で、いかに簡潔に、数分で内容豊富なメッセージを観客へ伝えることが出来るかが鍵となる。これを機に、当方もサロン用のYOUTUBEチャンネルのアカウントを開設してみた。内容は目下検討中である。




当方サロンで使用しているLe Mieux化粧品代表のメインステージ

Le Mieuxブース

飲むコラーゲンが美味しいImage社ブース







更新情報や厳選ニュースが届く!特典満載の無料メルマガに登録しよう。
★ワンランク上の美容ポータル&コミュニティサイト【beaute d'Or】★

コメント