020【Specialist Column】 by尾﨑冨美 『学びとインスピレーションの秋~International Congress of Esthetics and Spaにて今年最後の美容メッセ』

今年最後を締めくくる美容メッセの参加は、決まってロングビーチ・コンベンションセンターにて秋に行われる、The International Congress of Esthetics and Spa。運営はスパ業界では世界的に有名なLes Nouvelles Esthetiques & Spa米国版である。同美容メッセは、秋冬にマイアミビーチ、春はダラスとフィレデルフィアにて、計3ヵ所で執り行われている。ロングビーチ・コンベンションセンターは、ロスアンゼルス国際空港から南へ車で30分程に位置し、海辺に囲まれ、ショッピング、レストラン、水族館や宿泊施設などが十分に整っている観光地である。

ロングビーチ・コンベンションセンター正面
流行の自分撮り(Selfie)をこのレッドカーペットでパチリ

今年のテーマは、Renewed & Inspired。「気持ちを新たに、共に激励する」メッセは2日間に渡り、数千人もの参加者が集った。6月に参加したラスベガスのメッセと比較すると小規模であるが、ラスベガスへ参加できなかった地元の美容関係者も、仕入れのついでに立ち寄るショーでもある。今回は初日のメインステージでの講習に耳を傾ける参加者が多かった。普段は顧客を癒す側としているエステティシャンが、自身の気持ちを新たに、同者と共にインスパイアされる機会であった。初日のメインステージはニューヨークの美容学校代表、ミッシェル・デアリアード女史によるオープニング・セレモニーからはじまり、続いてヨガ指導者、ユージン・ガント氏による美容と肌ツヤに直結したストレッチと呼吸法を指南。そして今回は日本から初めてのゲスト参加として、美容鍼灸を専門としたサロン関係者によるフェイシャルデモンストレーションが行われ、物珍しさにより多くの参加者から反響を呼んだ。



メインステージ以外では出展者による多様性あるプレゼンテーションが行われ、最新機器からニキビ肌の施術、セルライト、敏感肌対応など、クラス数は両日で約60以上に及んだ。特に人気なのが、自然派エステ化粧品メーカー、Eminence代表取締役のボルデジョア氏によるプレゼンテーション。会場に入るまで毎回長蛇の列である。見所は会場のポップなセッティングをはじめ、彼のユニークな話術と力の入ったダイナミックなフェイシャル施術方法。自らエステティシャンとマッサージセラピストでもあるボルデジョアがジョークを交えて、参加者を決して飽きさせない人柄が、何度見ても新鮮に感じる。会社の商品だけではなく、日頃顧客と接する上で、プレゼンテーションの大切さを見習わなくてはと襟を正す思いにさせる。そして展示フロアでは、これから年末に向けてのホリデーギフトにふさわしい限定商品を検討する時期でもある。気温も少しずつ冷え込むこの季節、アメリカのスパ愛好者の間で人気なのが、手軽なフルーツ酵素系パックやシナモン、マシュマロ系の甘い香りに浸るボディーオイルや保湿重視のローション、ペパーミント、松ぼっくりなどの香り豊かなアロマキャンドル、ラメ入りのネイルなど。年末に因んで、顧客を迎える側として、ホリデーシーズンを醸し出す店内のおもてなしにも気を配りたい。パーティーや忘年会など、人と会う機会が多くなるこれからの季節。日頃お世話になっているあの方へ、又は今年1年頑張った自分へのご褒美に。貰って嬉しい、心温まるサロン専用商品を贈ってみては如何?


Eminenceのクラス会場

展示フロアの様子














更新情報や厳選ニュースが届く!特典満載の無料メルマガに登録しよう。
★ワンランク上の美容ポータル&コミュニティサイト【beaute d'Or】★

コメント