030【Specialist Column】 by尾﨑冨美 『食の安全、健康志向の世界観へ~今年のNatural Products Expo Westも熱かった!』

アメリカでは時計を1時間早める恒例のサマータイムが始まると同時に、今年もこの季節がやってきた。西海岸で毎年春に行われる、「ナチュラルプロダクツ・エキスポウェスト」。健康食品、商品業界の最先端を追う世界最大級の健康業界メッセは、ロスアンゼルス郊外のアナハイム・コンベンションセンターにて4日間に渡り開催された。今年で36回目を数えるこのメッセは、昨年より6.9%増の77,000人以上の参加者が集結。健康に纏わったあらゆる食品や飲料、美容、暮らし、ペットや赤ちゃん関連のナチュラルやオーガニック起業の出展者は3,000社以上に及び、そのうち600社が初出展者であった。今年より同メッセの運営会社が事業を統一し、New Hope Networkとの名でロゴのデザインが変わり、この春に新しい息吹をもたらした。

Anaheim Convention Center外観

よりヘルシーな食生活に敏感な欧米消費者が年々増加傾向である中、New Hope Networkが今年注目しているトレンドは昨年と同様、商品やブランドに対する消費者への情報源の透明性が多く求められている結果となった他、免疫力を高める効果があるレイシやしょうが、ターメリックなど古代の知恵が凝縮されている原料を使用した商品の数々、水に次いで我々の身体に必要不可欠とも言われている蛋白質をおやつ感覚で腹持ちが良く、手軽に取り入れられるSnackificationという新たな造語も誕生。更には地球温暖化対策に基づき、無駄な食品の排出を防ぐ取り組みを進めている食品メーカーが増えつつある中、自然派食品に関する消費者の需要と信頼度を高めつつ、コストを抑えたシンプルなパッケージングに、健康に良い物を各家庭へ提供する動きが巨大トレンドとなる見通しである。

Kombuchaブース各種


     


健康志向マニアの間で、現在アメリカでブレイク中のドリンクがある。その名はkombucha。健康食品スーパーへ行くと、kombuchaで埋め尽くされている棚がずらり。日本の昆布茶とは味や見た目は異なり、酸味が異常に強いのが特徴。でも名前は英語発音でkom-bu-cha。一体どういうことなのかと検索した結果、日本では随分前に流行した、モンゴル原産の「紅茶キノコ」という発酵飲料のことである。美容面でも健康面でも注目されているが、便秘解消の効能の他、健康的な肌や髪、爪を作る基となる、まさにthe elixir of life(不老不死の薬)。今回のエキスポでも多くのkombuchaメーカーが集結し、各社によって発酵方法の違いや飲みやすさ、そして様々なパッションフルーツやhemp、chiaなどのスーパーフード原材料を含んだ味くらべをし、参加者の注目を浴びた。

健康食品スーパーではKombuchaがブレイク中!

各国を代表したブースも盛り上がりを見せた。今年の夏に開催されるリオ五輪を盛り上げつつ、ブラジルブースでは多くの栄養素や抗酸化性の高いアサイベリーを使った栄養剤やスナック、砂糖などを紹介。そして日本を紹介するブースでは今年5月に開催される伊勢志摩サミットのPRが行われていた他、わかめ、和風ドレッシング、フリーズドライの味噌汁、お茶、うまみ調味料、のりなど、日本を代表する定番食材が多くの外国人参加者の目を引き付けた。

New Hope Networkが発表した2016年のアメリカ消費者売上げは上向きとの傾向。健康、オーガニック商品の消費者売上げは例年より64%増、2019年までには2520億USドル(日本円で約28.49兆円)と急成長するとも言われている。今後の健康食品、美容関連商品に目が離せない。

ブラジルブース

日本ブース






更新情報や厳選ニュースが届く!特典満載の無料メルマガに登録しよう。
★ワンランク上の美容ポータル&コミュニティサイト【beaute d'Or】★

コメント